ポーラ アヤナスとサエルとつつむの違いって何?

ポーラ アヤナスとサエルとつつむの違いって何?

 

ディセンシアは2007年にポーラオルビスグループが敏感肌専門ブランドとして立ち上げました。

 

そのディセンシアから代表的なスキンケアコスメとして、アヤナス、サエル、つつむの3種類が発売されています。

 

どれも敏感肌の人の為に作られているのはわかっても、この3種類のどれを使っていいかわからない方がわりといるみたいです。

 

アヤナス、サエル、つつむの違いって何なのでしょうか?

 

3種類は使う人の目的や理由が違います。
どれもお肌に優しく、歴史ある化粧品会社が設立したブランドだから信頼できます。

 

ですがこの3種類の違いをしっかり理解してから使わないと、自分のお肌の悩みに効果的にアプローチできません。

 

 

アヤナスの特徴

アヤナスを使うといい方は、年齢が気になり始めた方です。
完全にその部分に特化しています。
年齢は変えることはできませんが、見た目年齢は緩やかにできるものです。

 

アヤナスの特徴はエイジングへのアプローチです。

 

ローションコンセントレート、エッセンスコンセントレート、クリームコンセントレートとラインで使うと最高にアヤナスの実力がわかるように作られています。
ですが単品でも年齢ケアにたいして力を発揮くれるのがアヤナスです。

 



⇒ディセンシア公式サイト アヤナストライアルセット

 

 

 

サエルの特徴

 

サエルの特徴はホワイトニングです。敏感肌専門の化粧品でホワイトニングも兼ねているスキンケアは、とても少ないです。
ある程度の期間をサエルを使った人たちは、顔色が明るくなったと感じています。

保湿性にも優れているので、インナードライの方で印象を明るくしたいと、思っている人はサエルをセレクトするといいでしょう。

 

シミではなくシロのサイクルを作り出すのが、ディセンシア サエルです。

 


 

サエルの公式サイトはこちら です

 

 

 

つつむの特徴

 

つつむは敏感肌の悩みが一番大きい人のための化粧品です。
刺激に弱く、肌がすぐに赤くなったり、しみたりする方には「つつむ」を選ぶといいでしょう。

 

通常にターンオーバーを取り戻すためのベーシックケアができるのが「つつむ」の特徴です。

 

名前の通り肌を優しく包み、潤いのある美しい肌に導いてゆくのがつつむです。

 


 

敏感肌に超保湿「つつむ トライアルセット」はこちら

 

 

 

綾なす、冴える、包む

 

 

ディセンシアの商品は全部、ポーラR&M工場で作られています。
同じ成分でも純度の高いものだけを選んでいるそうです。
この意識の高さと化粧品を使う人への優しさが、ディセンシアというブランドの素晴らしいところではないでしょうか。

 

人間の肌を傷つけるのは、紫外線などの外部要因だけではなく、ストレスと言った内部要因も大きく関わっていることが、現代では当たり前になっています。

ディセンシアはこの精神的なこともとても考えて、スキンケアを作っているのだと知り、驚くとともに信頼感が増しました。

 

そして肌の悩みもひとりひとり違うものです。
なので、こうして役割が違う化粧品があるのですね。

 

綾なす、冴える、包む、この名前の付け方って素敵ですよね。

 

この記事があなたの肌の悩みに合ったものを選ぶ参考になればと思います。

 

 

トップページ

page top